コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因子 インシ

デジタル大辞泉の解説

いん‐し【因子】

ある結果を成り立たせるもとになる要素。要因。ファクター。
因数」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんし【因子】

物事を成り立たせる要素。ファクター。
生命現象において、ある作用の原因とみられる要素。環境因子・栄養因子・遺伝因子など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の因子の言及

【因子分析】より

…統計的多変量解析法の一つ。比較的少数の因子によって,多数の変量の間の関係を説明する方法で,20世紀初めから心理学分野での強力な手法として発達し,1940年ころには統計学からの研究も盛んになり,医学,社会学,教育学等で広く用いられるようになった。知能,適性,学力等のテストの結果をはじめ,何らかの行動の結果や各種の社会現象は一般に多数のデータで表現されるが,それらのデータの間には,一つのデータの値が高い場合には他のデータの値も高くなるといった相関関係があることが多い。…

【因数】より

…2,3,5は30(=2×3×5)の因数である。また,変数x1,x2,……,xsの多項式f(x1,x2,……,xs)が多項式g1(x1,x2,……,xs),……,gn(x1,x2,……,xs)の積fg1g2・……・gnであるとき,g1,……,gnfの因数または因子という。例えば,2,x-2,x+3は2x2+2x-12の因数である。…

※「因子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

因子の関連キーワードハーカー‐カスパーの不等式骨形態形成タンパク質レトロトランスポゾン上皮成長因子受容体ニューロトロフィン繊維芽細胞増殖因子キャッスル内因子トランス作用因子プレカリクレインビタミンB12多因子遺伝疾患凝固因子欠乏症ハーゲマン因子キャッスル因子第VII因子ビタミンエル上皮増殖因子細胞増殖因子第XII因子神経成長因子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

因子の関連情報