プリズム眼鏡(読み)ぷりずむめがね

知恵蔵miniの解説

プリズム眼鏡

レンズにプリズムを組み込み、光を屈折させることにより線のずれ矯正することができる眼鏡。片眼は中心にあるが、もう片方の眼がずれているので視線が一致せず、両目で同時にものを見ることのできないという「斜視」や、眼の位置の異常はあるものの両眼視機能を獲得している状態である「斜位」の矯正に用いられる。プリズムレンズは像を移動させることのできるレンズで、斜視や斜位による眼精疲労や複視(ものが二重に見える)といった症状を軽減・解消することができる。コンタクトレンズにはプリズム度数は入れられないのでコンタクトレンズでの斜視、斜位の矯正はできない。

(2014-9-18)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

プリズム‐めがね【プリズム眼鏡】

レンズにプリズムを組み込んだ眼鏡。光を屈折させることによって、左右の視線のずれを補正することができ、斜視斜位の矯正などに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

プリズム眼鏡の関連情報