コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜位 シャイ

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐い〔‐ヰ〕【斜位】

一方の眼をふさいで見たり、両眼でぼんやりと見たりするときに、物が二重に見える状態。眼位の異常によって起こる。両眼で見つめているときは、左右の視線が目標に集中し、物が一つに見えるため、気付かないことが多い。症状がなければ治療の必要はない。眼精疲労が強い場合はプリズム眼鏡で矯正する。
胎児の位置が子宮内で斜めになっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃい【斜位】

胎位の異常の一。妊娠中に胎児の縦軸と子宮の縦軸が斜めに交差した状態。
眼球の視軸が潜在的にずれている状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の斜位の言及

【胎児】より

…縦位には頭が下にある頭位とその逆の骨盤位がある。また両軸が一致しないものに横位と斜位がある。妊娠末期には大部分の胎児は頭位となる。…

※「斜位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斜位の関連キーワード脊椎分離症/脊椎すべり症ボウズガレイイサコボ文化デマレの法則尿道造影法メルルーサナガレンココケビラメタカサゴ胎位異常タチウオ胎位眼鏡キテ横位縦軸斜視

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android