コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視線 シセン

デジタル大辞泉の解説

し‐せん【視線】

目の向き。目で見ている方向。「視線が合う」「視線をそらす」
目の中心と、見ている対象とを結ぶ線。視軸(しじく)。
他人を、また、他人が見る目付き。ある気持ちの表れた目付き。「世間の視線が気になる」「気の毒そうな視線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせん【視線】

目の中心と見ている対象とを結ぶ線。見つめている方向。 「 -をそらす」 「 -が合う」 「背中に-を感じる」
視軸。 〔明治期につくられた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

視線の関連キーワード視線入力読み取り装置リスティングの法則下目遣い・下目使いドップラーの法則アイトラッキングドップラー分光法オフサルモグラフアイコンタクトハイデッカーたじろがす目を転ずるカメラ目線目を逸らす目を向ける型板ガラス目を落とす目を伏せる目を呉れる瞳を据える視線速度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視線の関連情報