コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視線 シセン

デジタル大辞泉の解説

し‐せん【視線】

目の向き。目で見ている方向。「視線が合う」「視線をそらす」
目の中心と、見ている対象とを結ぶ線。視軸(しじく)。
他人を、また、他人が見る目付き。ある気持ちの表れた目付き。「世間の視線が気になる」「気の毒そうな視線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しせん【視線】

目の中心と見ている対象とを結ぶ線。見つめている方向。 「 -をそらす」 「 -が合う」 「背中に-を感じる」
視軸。 〔明治期につくられた語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

視線の関連キーワードヴント‐ラマンスキーの法則下目遣い・下目使いリスティングの法則動体視力・動態視力オフサルモグラフドップラー分光法目差し・眼差しアイコンタクトハイデッカー目を呉れる目を向ける目を逸らす目を伏せる僻眼・瞟眼目を背ける瞳を据える目が据わる型板ガラスカメラ目線目を転ずる

視線の関連情報