コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテイノイド プロテイノイドproteinoid

翻訳|proteinoid

1件 の用語解説(プロテイノイドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロテイノイド
proteinoid

プロテノイドとも記す。語義は蛋白質類似体の意味で,化学進化の研究で,原始蛋白質として S.フォックスと原田馨が得た (1958) 物質。グルタミン酸アスパラギン酸を中心成分として加熱縮重させると酸性プロテイノイドリジンなどの塩基性アミノ酸の多い混合物からは塩基性プロテイノイドが生じる。また酸性プロテイノイドを希薄な塩溶液中で加熱溶解したのち急冷したり,プロテイノイド飽和溶液を冷却すると,小液滴状の構造が生じる。これはプロテイノイド・ミクロスフェアあるいは単にミクロスフェアと呼ばれ,フォックスらによって,生命の起原におけるその位置づけが論じられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone