コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロテイノイド proteinoid

翻訳|proteinoid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロテイノイド
proteinoid

プロテノイドとも記す。語義は蛋白質類似体の意味で,化学進化の研究で,原始蛋白質として S.フォックスと原田馨が得た (1958) 物質。グルタミン酸アスパラギン酸を中心成分として加熱縮重させると酸性プロテイノイド,リジンなどの塩基性アミノ酸の多い混合物からは塩基性プロテイノイドが生じる。また酸性プロテイノイドを希薄な塩溶液中で加熱溶解したのち急冷したり,プロテイノイド飽和溶液を冷却すると,小液滴状の構造が生じる。これはプロテイノイド・ミクロスフェアあるいは単にミクロスフェアと呼ばれ,フォックスらによって,生命の起原におけるその位置づけが論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android