コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイサラバサラ ヘイサラバサラ

デジタル大辞泉の解説

ヘイサラ‐バサラ

《〈ポルトガルpedra bezoarから》馬・牛などの胃腸内に生じる結石。古くは解毒剤として用いられた。馬の玉。鮓答(さとう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ヘイサラバサラ

ポルトガル pedra(石)+bezoar(結石)の転。ヘイサルバサルとも〕
牛や馬などの哺乳動物の腸内結石。赤黒色で、解毒薬として用いられた。馬の玉。鮓荅さとう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のヘイサラバサラの言及

【ウシ(牛)】より

…この肉をワカと称したのはポルトガル語に由来し,鎖国後しだいに廃れたが明治時代になって文明開化の象徴のように牛なべが賞味されることになった。牛馬の腹の中の石は鮓答(さとう),あるいはヘイサラバサラと俗称し,昔は薬効があるとして貴重視され,随筆などに多く記載されているが,胆石などと同様の生成物である。近代まで《日本霊異記》以来の人間が牛に生まれ変わるという伝承は民間に残存し,死者の身体にその名を書いて埋葬したところ,某所に生まれた農牛の横腹にその文字がそのまま毛色を異にして現れ,その人物の生れ変りであることがわかったという類の話が各地に残っていた。…

※「ヘイサラバサラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘイサラバサラの関連キーワードヘイサラバサラ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone