コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解毒剤 げどくざい antidotes

4件 の用語解説(解毒剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解毒剤
げどくざい
antidotes

体内に入った有毒物質を取除くか,化学的,物理的に無毒なものとする作用のある薬剤をいう。催吐剤,緩和剤,吸着剤の3種に大別される。化学的解毒剤には,過マンガン酸カリ,蛋白吸着剤,次亜硫酸ソーダなど,中毒症状を起した薬物に抵抗する拮抗解毒剤には,酸に対する重曹,モルヒネ中毒に対するアトロピンマグネシウム中毒に対するグルコン酸カルシウム重金属中毒に対する DHペニシラミンなど,生理的な解毒剤としてはグルクロン酸グルタミン酸などが試用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げどく‐ざい【解毒剤】

解毒の目的で用いられる薬剤。毒物を吸着するもの、化学的に結合して無毒化するもの、薬理学的に拮抗するものなどがある。毒消し。解毒薬。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げどくざい【解毒剤】

体内に入った毒物の毒性を除き、または軽減する薬。毒消し。解毒薬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解毒剤
げどくざい

生体が有毒な物質または薬物を摂取した際、その有毒物質を速やかに処理し毒性を消失または減弱させる目的で用いられる薬剤をいう。化学的または物理的にその毒物を中和したり、酸化・還元、抱合、結合、吸着などといった作用機序のほか、代謝拮抗(きっこう)物質や薬理作用のうえから拮抗する薬物を用いることもある。一般的にはまず服用した毒物を吐かせるため吐剤が用いられる。吐剤としては食塩水を繰り返し飲ませて吐かせるほか、トコン(吐根)がよく用いられる。
 解毒剤を作用機序のうえから分類すると次のようになる。
(1)化学的または物理的作用によるもの 物理的吸着または化学的に結合して毒物の吸収を妨げるものとしては、薬用炭(植物性炭末)、カオリン、卵白、カルシウム類などがある。また、化学的に毒物と結合して無毒化するものとしては、ヒ素剤やシアンおよびシアン化合物に対するチオ硫酸ナトリウム、ヒ素や重金属に対するジメルカプロール(BAL)、重金属に対するペニシラミン、有機リン製剤や農薬に対するプラリドキシム(PAM)などがある。
(2)薬理学的拮抗作用を利用するもの モルヒネ中毒に対するナロルフィンやレバロルファン、アセチルコリンに対するアトロピン(有機リン製剤の農薬中毒ではコリン作動性神経の興奮がおこるので、これに対しアトロピンが有効)、バルビツール酸系薬物中毒に対してはベメグリド、葉酸拮抗物質メトトレキサートに対するロイコボリンカルシウムなどがあげられる。
 このほか生理的解毒機構を促進するものにグルクロン酸、グルタチオン、タウリンなどがあるが、その作用は明らかではない。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解毒剤の関連キーワード化学的化学物質解毒取り除く・取除く有毒菌核化学解毒薬取除く防護服化学品

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解毒剤の関連情報