コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘテロクロマチン

1件 の用語解説(ヘテロクロマチンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヘテロクロマチン

 細胞周期の間期にみられる異常に凝縮したクロマチン細胞分裂が終わったあとも一部残存することがあり,これを構成ヘテロクロマチンという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘテロクロマチンの言及

【染色体】より

…この染色体ではDNAの複製は,各開始点から左右両方向へ進行する。複製の開始時期は開始点によって多少のずれがあり,ふつう,真正クロマチン部分ではS期の前半に,ヘテロクロマチン部分ではその後半に複製が行われる。 S期から体細胞分裂中期にかけての染色体は,DNA複製は完了しているが染色体分離はまだなので,二重構造になっている。…

※「ヘテロクロマチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘテロクロマチンの関連キーワード細胞分裂先天異常細胞周期間期痙攣発情周期筋芽細胞飼料臭内有毛細胞泡沫細胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘテロクロマチンの関連情報