コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間期 かんき

大辞林 第三版の解説

かんき【間期】

細胞が分裂していない時期。外見上は静止しているようだが、実際は DNA 合成などの代謝をさかんに行う。休止期。静止期。代謝期。中間期。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間期の関連キーワードイギリス・ドイツ海軍協定ポーランド統一労働者党アランブルック(子)ハロルド ジェームズゲルラホフカ[山]戦間期の国際関係ボイチェホフスキヘテロクロマチンドンブロフスカブロニェフスキスウォニムスキブロードウェーナウコフスカ細胞サイクルピウスーツキヤンギユーリコミンテルンイジコフスキアール・デコフューリアス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間期の関連情報