コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘメ県 ヘメHäme

翻訳|Häme

1件 の用語解説(ヘメ県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘメ〔県〕
ヘメ
Häme

フィンランド南部の内陸県。首都ヘルシンキ北東のペイイェンネ湖の一部を含む。県都ヘメーンリンナフィンランド先住民集団の一つであるタバスト人の故地で,県名は県都近くにある中世のヘメ城に由来する。ライムギカラスムギオオムギジャガイモを栽培し,家畜飼育,酪農,林業が営まれる。主要都市に,産業都市タンペレ,ウィンタースポーツの中心地ラハティがある。面積1万 6341km2。人口 68万 5757 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone