コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルムホルツの自由エネルギー Helmholtz free energy

法則の辞典の解説

ヘルムホルツの自由エネルギー【Helmholtz free energy】

定容自由エネルギーで記号は A,もしくは F が使われる.内部エネルギー U からエントロピー項 TS を差し引いたものである.可逆熱機関の場合に高温熱源から受け取る熱量 Q1 と定温熱源へ放出する熱量 Q2 の差は ⊿A で表されるが,これがこの機関のなしうる最大仕事に相当するので,有効エネルギーと呼ぶこともある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘルムホルツ‐の‐じゆうエネルギー〔‐ジイウ‐〕【ヘルムホルツの自由エネルギー】

自由エネルギー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘルムホルツの自由エネルギーの言及

【自由エネルギー】より

…物質の熱力学的な性質を規定する関数(状態量)の一つ。ヘルムホルツの自由エネルギーとギブズの自由エネルギーの2種類があり,一般に系の変化は自由エネルギーの減少する方向にのみ進み,熱平衡状態はこれが極小となるとき実現する。
[ヘルムホルツの自由エネルギー]
 ヘルムホルツの自由エネルギーFは,内部エネルギーUエントロピーS,絶対温度Tを用いて,FUTSによって定義される。…

※「ヘルムホルツの自由エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルムホルツの自由エネルギーの関連キーワードバーカー‐ヘンダーソンの理論内部エネルギーマシュー関数化学親和力相転移熱機関熱量Q1