コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロデス・アグリッパス2世 ヘロデス・アグリッパスにせいHērōdēs Agrippas II; Herod Agrippa II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロデス・アグリッパス2世
ヘロデス・アグリッパスにせい
Hērōdēs Agrippas II; Herod Agrippa II

[生]27
[没]93頃
ヘロデス・アグリッパス1世の子。アグリッパ2世,ヘロデ・アグリッパ2世とも呼ばれる。ヘロデ大王の曾孫。 50年にレバノンカルキスの王となり,53年にピリポおよびルサニアの領地を得,その後ガリラヤ,ベレアの一部も領地に加えられた。カエサリアで使徒パウロを審問したのは有名 (使徒行伝 20章) 。ユダヤ人に概して好意的であったが,ユダヤの反乱 (66~73) ではローマ軍を支持。 75年ローマで執政官位を授与された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘロデス・アグリッパス2世の関連キーワードベレニケ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android