コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピリポ Philip

翻訳|Philip

世界大百科事典 第2版の解説

ピリポ【Philip】

1世紀半ばの最初期キリスト教におけるイエスの12弟子の1人(《マルコによる福音書》3:18)。《ヨハネによる福音書》1章35~51節,12章21節によれば,ペテロアンデレと同様にガリラヤ地方のベツサイダ出身のユダヤ人で,おそらくもとはバプテスマのヨハネの弟子であったと思われる。イエスに従って伝道をなした(《ヨハネによる福音書》6:5,12:20~22)が,詳しいことは不明である。4世紀初めの教会史家エウセビオスによれば小アジアのヒエラポリスで没したとされるが,確証はない。

ピリポ【Philip】

1世紀後半の最初期キリスト教におけるユダヤ人伝道者。《使徒行伝》6章5節によれば,ステパノと同じくユダヤの律法から自由なヘレニズム的キリスト教を宣教した7人の指導者の1人とされる。ステパノの迫害ののちサマリアに伝道し,そこでシモン・マグスを入信させ(《使徒行伝》8:1~13),さらにエルサレム南方のガザでエチオピア人の宦官に洗礼を授けた(同8:26~39)とされる。その後カエザリアで処女で預言者であった4人の娘たちとともに伝道した(同21:8~9)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピリポ

ヘロデス・フィリッポス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピリポの関連キーワードリッピ(Filippino Lippi(1457ころ―1504))ヘロデ・アグリッパ[1世]ヘロデス・アグリッパス2世ヘロデス・アルケラオスシモン(魔術師)十二使徒サロメシモン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android