コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルキス かるきす

2件 の用語解説(カルキスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルキス
カルキス

ハルキス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルキス
かるきす
Khalks

ギリシア中部、エウボイア県の県都。人口5万3584(2001)。エウボイア島中西部に位置する同島の中心都市で、エブリポス海峡を挟んで本土と対面する。商業、工業が行われ、とくに醸造と機械器具製造が盛ん。近年、産業の中心地として発展しつつある。[真下とも子]

歴史

古代ギリシア時代にはエウボイア島最大のイオニア人のポリス(都市国家)であった。紀元前8世紀に南イタリアとシチリア島に多数の植民市を建設し、シリア北部に貿易拠点ポセイデイオン(今日のアル・ミナ)を設け、前7世紀にはエーゲ海北部に植民活動を展開し、また前8~前7世紀にかけて肥沃(ひよく)なレラントス平野の所有をめぐってエレトリアと戦った。商業と金属細工などの手工業で繁栄したが、前506年アテネと戦って敗れ、前478/477年にデロス同盟に加盟し、前446年に同盟離脱のエウボイア島の反乱を指導して失敗した。
 前378/377年に第二次アッティカ海上同盟に加わり、その後、マケドニア、ローマ、ベネチア、オスマン帝国の支配を経て、1832年よりギリシア領となった。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカルキスの言及

【エウボイア[島]】より

…肥沃な平野部はトウモロコシ,ブドウ,イチジク,オリーブを産する。主要都市カルキスChalkis(Khalkís)では,冶金・セメント・繊維工業が行われている。古代に島はおのおの独立の7ポリスに分かれ,カルキスとエレトリアがその中でも最強であった。…

【レラントスの戦】より

…前8世紀末,エウボイアの二大ポリスであるカルキスとエレトリアが,レラントスLēlantos平野の領有を争って起こした戦争。カルキス側にはサモス,エリュトライ,コリントス,スパルタ,テッサリアなどが,エレトリア側にはミレトス,キオス,メガラなどが加勢したことが推定される。…

※「カルキス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone