ユダヤ

精選版 日本国語大辞典「ユダヤ」の解説

ユダヤ

〘名〙 (Judaea 「猶太」とも書いた) 旧約聖書創世記二九章三五節に出るユダの名前に由来し、パレスチナ南部のユダ王国、その民族、その地域をさす。さらにはこの王国滅亡後も旧約のトーラー(律法)を信奉する世界各地の民族集団をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android