ベイジアン・フィルター(読み)ベイジアン フィルター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ベイジアン・フィルター

英国の数学者トーマス・ベイズによって発表された確率論「ベイズ理論」のアルゴリズムを利用した、学習するフィルター機能。主にスパム迷惑メール)フィルターに利用されている。ベイジアン・フィルターでは、ユーザーが迷惑メールだと判断する基準を自動的に学習し、類似の迷惑メールを自動的に分類する。判定を間違えた場合はユーザーが修正することで再学習し、使えば使うほどにフィルターの精度が高くなるのが特徴。多くの電子メールソフトやメールサーバーのスパム・フィルターとして採用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android