解析(読み)かいせき

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐せき【解析】

〘名〙
① 物事を細かくとき分けて、組織的、論理的に調べること。
※墨汁一滴(1901)〈正岡子規〉「論者は果たして感情の上で先づ美と感ぜられて而して後に此理窟を開析し出されたのであらうか」 〔南史‐崔霊恩伝〕
※七新薬(1862)一「機生の物品は沃顛を解析して、其をして功なからしむ。澱粉の如きは殊に然り」
③ 数学的論法の一つ。事柄Aを証明するのに、Aが成り立つためにはBが成り立たなければならないことを示し、次にBが成り立つためにはCが成り立たなければならないことを示し、以下順次これを繰り返し、最後に既知の事柄に至らしめ、初めのAが成り立つことを証明する方法。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

解析【かいせき】

初等幾何学の作図題で,求める図形が得られたと仮定してその図形に関する必要条件を調べ,それから逆に作図法を発見する方法。また解析学をいう。→解析幾何学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐せき【解析】

[名](スル)
事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにすること。「調査資料を解析する」
数学的論法の一。Aの事柄を証明するために、Aが成立するためにはBが成立しなければならないことを示し、Bが成立するためにCが成立しなければならないことを示し、以下順次これを繰り返して既知の事柄に帰着させること。
解析学」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android