コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストマンナ[諸島] Vestmannaeyjar

世界大百科事典 第2版の解説

ベストマンナ[諸島]【Vestmannaeyjar】

アイスランド南方の7~30km沖にある火山性群島。総人口4900(1991)。16の島と岩礁から成り,1963年11月に海中噴火で生じたスルスエイSurtsey島は最南西端。最大・有住の島はヘイマエイHeimaey島(家島)で,北東部に漁業中心地ベストマンナエイヤルがある。73年1月の噴火前にはもっと多く,ほぼ全部の5300人が一時本土に避難した。残った人は迫る溶岩を海水ポンプで固まらせ,港や魚加工工場を救った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ベストマンナ[諸島]の関連キーワード石田正子ビョルンダーレン距離競技土壌汚染福島第一原発対地速度三菱500 A10型ホンダ ジョルノクレア幹線系線区高層大気

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android