コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井 あざい

5件 の用語解説(浅井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅井
あざい

滋賀県北部,長浜市東部の旧町域。姉川とその支流草野川流域に位置する。1954年 4村が合体して町制。1956年上草野村を編入。2006年長浜市,びわ町と合体して長浜市となった。米作中心の農業であったが,減反対策としてコムギダイズアズキも栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさい〔あさゐ〕【浅井】

姓氏の一。
[補説]「浅井」姓の人物
浅井忠(あさいちゅう)
浅井長政(あさいながまさ)
浅井了意(あさいりょうい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさい【浅井】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅井
あざい

滋賀県北東部、東浅井郡にあった旧町名(浅井町(ちょう))。現在は長浜(ながはま)市の南東部を占める一地区。1954年(昭和29)湯田、田根、下草野、七尾(ななお)の4村が合併して町制施行。1956年浅井町は上草野村を編入。郡名と旧領主名が町名の由来。2006年(平成18)長浜市に合併。北東部は山地、南西部は草野川、姉川流域の平野で、縄文期以降各時代の遺跡が存在する。国道365号(北国脇(ほっこくわき)往還)が通じる。養蚕が盛んであったが、衰退した。水田からの転作農業が顕著になりつつある。また、兼業化が進んでいる。長浜機業の一翼を担う繊維工業や林業が旧町域各地でみられる。特産品として伊吹艾(いぶきもぐさ)がある。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅井の関連キーワード滋賀県長浜市公園町滋賀県長浜市五村滋賀県長浜市酢滋賀県長浜市野瀬町滋賀県長浜市野村町滋賀県長浜市東主計町滋賀県長浜市東上坂町滋賀県長浜市東野町滋賀県長浜市三田町滋賀県長浜市港町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅井の関連情報