コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンクル Bengkulu

1件 の用語解説(ベンクルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベンクル【Bengkulu】

インドネシア,スマトラ南部西海岸の港市。同名州の州都。人口14万6000(1990)。元来バンカウルと呼ばれ,周辺土着貴族の支配下にあった。17世紀初頭,スマトラ西海岸地方にコショウ栽培が普及し,ベンクルはこの地方一帯のコショウ積出港として栄えた。一時,西ジャワのバンテン王国の支配を受けたこともある。当時コショウ貿易に従事していたヨーロッパ列強のうち,オランダによりスマトラ中部のミナンカバウ地域から閉め出されたイギリスは,1685年に土着貴族と協定を結び,この地に居住地を設けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベンクルの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派スマラントバ湖マレー語スマトラサマランスマトラ沖地震スマトラタイガースマトラ沖大地震・津波

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベンクルの関連情報