コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベージャ Beja

世界大百科事典 第2版の解説

ベージャ【Beja】

ポルトガル南部,バイショ・アレンテージョ地方の南東部を占める同名県の主都。人口1万9682(1981)。ローマ時代すでにパクスユリアPax Juliaとして知られる。8世紀初頭イスラム教徒の支配下に入るが,1162年ポルトガル人により奪回された。以来,同地方の政治・経済の中心地で,農産物,家畜の取引が同市の主要な経済活動となった。旧市内には城(14世紀),コンセイサン修道院(15世紀)など,歴史的建造物が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベージャの関連情報