コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリアクトイ ペリアクトイ periaktoi

1件 の用語解説(ペリアクトイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペリアクトイ
ペリアクトイ
periaktoi

ウィトルウィウスによって言及された古代ギリシアローマ劇場の舞台機構の一種。ギリシア語で回転の意。舞台両袖に設置された木製の大きな三角柱で,3面にそれぞれ場面が描かれており,軸を回転することにより,3つの異なる情景が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペリアクトイの言及

【舞台装置】より

…例えば古代ギリシア演劇は,最初は装置のなにもない場所,オルケストラとよばれる円形の土間で上演された。その後ペリアクトイperiaktoiと呼ばれる三角柱の3面それぞれに絵を描いた装置を回転させて場面を変化させたり,神々を空から登場させるメカネmēchanēというクレーンのような装置(デウス・エクス・マキナ)が考案された。 時代はずっと下り,ルネサンス期にイタリアで遠近法が発見されると,それは屋内劇場の演劇の背景装置として実用化され,舞台装置を大いに発達させることになった。…

※「ペリアクトイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペリアクトイの関連キーワードウィトルウィウスサルウィン川ビトルビウスヘルモゲネスリウィウスタルクイニウス家フラウィウス朝セルウィウスの城壁《増補版セルウィウス》ミルウィウス橋の幻