舞台機構(読み)ぶたいきこう(英語表記)stage machinery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞台において超自然的現象を表現したり,場面の急速な転換をはかったり,音響や照明の効果を高めたりするための機構上の考案。ギリシア劇には,神の出現に用いられたデウス・エクス・マキナペリアクトイ,中世宗教劇には,天井からをつるした天使の座などがあった。ルネサンス期にはさらにいろいろな工夫が考案され,17~18世紀には滑車クレーンスプリングなどの機械力の応用による大規模なスペクタクルも可能になったが,19世紀以後の舞台では,演劇の写実主義指向とともに,これらのメカニズムも主として写実的幻想をつくりだすために使用されるようになった。現在の舞台機構の大きなものとしては,装置を天井に飛ばすフライ,横に移動させるレール,スライディング・ステージなどがある。日本では,人形浄瑠璃のさまざまなからくり仕掛けや歌舞伎回り舞台すっぽんせり宙乗りなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞台機構の関連情報