ペータル(1世)(読み)ぺーたる(英語表記)Petar Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペータル(1世)
ぺーたる
Petar
(1747―1830)

オスマン・トルコ帝国内の自治国、モンテネグロMontenegroの統治者であるブラディカVladika(主教兼君主)(在位1784~1830)。16世紀以後、モンテネグロはブラディカが統治する神聖国家となったが、ペータル1世は国内の諸部族を和解させ、国家統一の基礎を築いた。地の利を生かしてオスマン軍との戦いに勝利を収め、1796年にモンテネグロ初の法律を制定。また外交政策の面では、ロシアと友好関係を維持し、協調行動をとった。アドリア海の良港コトルを領有することはできなかったが、国土をほぼ2倍に拡大し、安定した政権を確立した。彼によって、後継者が諸改革を進める基礎が固められ、のちに「偉大にして神聖なブラディカ」と称された。[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android