コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホアハオ教 ホアハオきょう

1件 の用語解説(ホアハオ教の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホアハオきょう【ホアハオ教】

ベトナム南部で創基された宗教の一つ。ホアハオ(和好)仏教ともいう。教祖ヒン・フ・ソーHuynh Phu So(1919‐?)の出生地チャドック省ホアハオHoa Hao村にちなんでこう命名されたが,ホアハオは博愛,平等,団結,協調を説く同宗教の理念をも表している。立教は1939年5月。主として予言と治病活動に従い,短期間のうちにメコンデルタの農民層の間に多数の信者を獲得した。のち南部一帯に広く行われていた仏教宗派〈宝山奇香〉派の継承権を引き継ぎ,宗教的な権威と信仰の基盤をゆるぎないものとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホアハオ教の関連情報