団結(読み)だんけつ

精選版 日本国語大辞典「団結」の解説

だん‐けつ【団結】

〘名〙 多くの人々が強く結び合ってまとまること。また、力を合わせて事に当たること。
※山陽詩鈔(1833)四・薩摩詞「郷兵団結百余区、帯箭人交荷夫」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「零砕なる個人を団結(ダンケツ)して」 〔史‐兵志四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「団結」の解説

【団結】だんけつ

集まり組織を作る。宋・社の条約を増修することを乞ふ状、一〕(せんえん)の和(との和議)より以來、百姓自ら相ひ團結して弓を爲(つく)る。~家業の高下を論ぜず、ごとに一人を出だし、弓を帶びて鋤き、劍を佩びて樵す。

字通「団」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android