団結(読み)ダンケツ

デジタル大辞泉 「団結」の意味・読み・例文・類語

だん‐けつ【団結】

[名](スル)多くの人が共通目的のために一つにまとまること。「チーム団結が固い」「団結して春闘を闘う」
[類語]大同大同団結結束一致合致符合吻合揃う暗合整合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「団結」の意味・読み・例文・類語

だん‐けつ【団結】

  1. 〘 名詞 〙 多くの人々が強く結び合ってまとまること。また、力を合わせて事に当たること。
    1. [初出の実例]「郷兵団結百余区、帯箭人交荷夫」(出典:山陽詩鈔(1833)四・薩摩詞)
    2. 「零砕なる個人を団結(ダンケツ)して」(出典:三四郎(1908)〈夏目漱石〉六)
    3. [その他の文献]〔宋史‐兵志四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「団結」の読み・字形・画数・意味

【団結】だんけつ

集まり組織を作る。宋・軾〔弓社の条約を増修することを乞ふ状、一〕淵(せんえん)の和(遼との和議)より以來、百姓自ら相ひ團結して弓を爲(つく)る。~家業の高下を論ぜず、ごとに一人を出だし、弓を帶びて鋤き、劍を佩びて樵す。

字通「団」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android