団結(読み)だんけつ

精選版 日本国語大辞典「団結」の解説

だん‐けつ【団結】

〘名〙 多くの人々が強く結び合ってまとまること。また、力を合わせて事に当たること。
※山陽詩鈔(1833)四・薩摩詞「郷兵団結百余区、帯箭人交荷夫」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「零砕なる個人を団結(ダンケツ)して」 〔宋史‐兵志四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「団結」の解説

だん‐けつ【団結】

[名](スル)多くの人が共通の目的のために一つにまとまること。「チームの団結が固い」「団結して春闘を闘う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android