予言/兼ね言(読み)カネゴト

デジタル大辞泉の解説

かね‐ごと【予言/兼ね言】

前もって言いおいた言葉。約束の言葉。
「思ひいでよ誰が―の末ならむ昨日の雲のあとの山風」〈新古今・恋四〉

よ‐げん【予言】

[名](スル)未来の物事を予測して言うこと。また、その言葉。「大災害を予言する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

予言【よげん】

英語ではprophecy。超人的能力により未来を予知したり,神や死者の霊などがある人間にのりうつり,周囲の人々に神意を伝える行為。シャマニズムにおける託宣などがこれにあたる。聖書的宗教(ユダヤ教,キリスト教,イスラム)では〈神の言葉を預かる〉との意を強調して〈預言〉の語が用いられる。→預言者

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

よげん【予言】

( 名 ) スル
未来の出来事や未知の事柄をあらかじめいうこと。また、その言葉。 「将来を-する」
「預言」に同じ。 → 預言(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android