予言(読み)よげん

百科事典マイペディア「予言」の解説

予言【よげん】

英語ではprophecy。超人的能力により未来を予知したり,神や死者の霊などがある人間にのりうつり,周囲の人々に神意を伝える行為。シャマニズムにおける託宣などがこれにあたる。聖書的宗教(ユダヤ教,キリスト教,イスラム)では〈神の葉を預かる〉との意を強調して〈預言〉の語がいられる。→預言者

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「予言」の解説

かね‐ごと【予言/兼ね言】

前もって言いおいた言葉。約束の言葉。
「思ひいでよ誰が―の末ならむ昨日の雲のあとの山風」〈新古今・恋四〉

よ‐げん【予言】

[名](スル)未来の物事を予測して言うこと。また、その言葉。「大災害予言する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「予言」の解説

【予言】よげん

事前に予見していう。〔後漢書、申剛伝〕夫(そ)れ未だ至らずして豫言するは、固(もと)より常にと爲す。其の已に至るにんでは、無し。(ここ)を以て忠言至諫も、用を爲すを得ること希(まれ)なり。に願はくは愚老の言を反せよ。

字通「予」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android