予言(読み)カネゴト

  • ▽予言/兼ね言
  • よげん

デジタル大辞泉の解説

前もって言いおいた言葉。約束の言葉。
「思ひいでよ誰が―の末ならむ昨日の雲のあとの山風」〈新古今・恋四〉
[名](スル)未来の物事を予測して言うこと。また、その言葉。「大災害を予言する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英語ではprophecy。超人的能力により未来を予知したり,神や死者の霊などがある人間にのりうつり,周囲の人々に神意を伝える行為。シャマニズムにおける託宣などがこれにあたる。聖書的宗教(ユダヤ教,キリスト教,イスラム)では〈神の言葉を預かる〉との意を強調して〈預言〉の語が用いられる。→預言者

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予言の関連情報