コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイエルスウェルダ Hoyerswerda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイエルスウェルダ
Hoyerswerda

ドイツ東部,ザクセン州の都市。コトブス南方の大褐炭炭田地帯,シュワルツェエルスター川沿いに位置する。 1371年開市権を得た。 1959年,付近に建設された褐炭コンビナート「シュワルツェプンペ (黒いポンプ) 」の従業員居住区として,旧市街の北東部に「社会主義者ニュータウン」が建設された。炭田の中心はホイエルスウェルダ,ゼンフテンベルク,シュプレンベルクを結ぶ三角地帯にある。ガラス,煉瓦などの工業も立地。人口6万 4888 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android