立地(読み)りっち

精選版 日本国語大辞典「立地」の解説

りっ‐ち【立地】

〘名〙
① 産業などを営む際、まわりの自然的・社会的条件を考えて場所を定めること。また、そこに工場や商店などをつくること。
② 地上にたつこと。その場所。また、立場。立脚地。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「深山高峰の冬夜は、おもひやるに、人物の窻前に立地すべきにあらず」
③ たちどころ。即時。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「立地に凡を転じて聖となさん者がなにか大事かと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立地」の解説

りっ‐ち【立地】

[名](スル)
産業を営むのに適した土地を選び決めること。また、そこに商店や工場などをつくること。「工業立地
立場立脚地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「立地」の解説

立地
りっち
location

工場や家屋などが特定の地表空間を占拠すること。さらに占拠するために好適な条件のところを選定することをもいう。立地を研究する学問は,立地論で,経済学の一分野であるが,地理学にも密接な関係がある。各産業立地条件に関する理論が多くの経済学者や地理学者によって打立てられ,J.チューネン,A.ウェーバーなどの理論が有名。 (→立地因子 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android