ホスホリラーゼ限界デキストリン

栄養・生化学辞典の解説

ホスホリラーゼ限界デキストリン

 ホスホリラーゼによってグリコーゲンが分解されると,もはやホスホリラーゼでは加リン酸分解されない分枝点を含むデキストリンが残る.このデキストリン.脱分枝酵素が作用して分枝部分を分解すると再びホスホリラーゼの作用を受けるようになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android