コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱分枝酵素

栄養・生化学辞典の解説

脱分枝酵素

 [EC3.2.1.68].イソアミラーゼ枝切り酵素ともいう.アミロペクチングリコーゲンは,グルコースがα1→4結合で直鎖状に連なった分子であるが,ところどころでα1→6結合で分枝している.このα1→6結合の部分を加水分解する酵素.アミロペクチン,β-限界デキストリンなどに作用し,プルランには作用しない.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

脱分枝酵素の関連キーワードホスホリパーゼジペプチジルアミノペプチダーゼホスホジエステラーゼグリコシダーゼアミラーゼアンギオテンシナーゼガラクトシダーゼカルボキシペプチダーゼキニナーゼスクラーゼ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone