コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラチウス・コクレス ホラチウス・コクレスHoratius Cocles

1件 の用語解説(ホラチウス・コクレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラチウス・コクレス
Horatius Cocles

古代ローマの伝説上の勇士。コクレスは「隻眼者」の意。エトルリア王ポルセンナとの戦いでローマ軍テベレ川のスブリキウス橋を落す間敵と戦い,落してから単身泳いで戻ったが,跛行,隻眼になったという。これはウルカヌス神殿の隻眼の像を説明するために作られた伝説であろう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone