隻眼(読み)セキガン

デジタル大辞泉の解説

せき‐がん【隻眼】

一つの目。片目。
ものを見抜く眼識。すぐれた識見。また、独自の見識。一隻眼。
「我が―の爛々(らんらん)たる方万里を照らして」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきがん【隻眼】

片方の目。かため。 ⇔ 双眼
すぐれた見識。独特の見識。 「一-を有する」 「蘭軒は医である。…-を具してゐる/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隻眼の関連情報