隻眼(読み)セキガン

デジタル大辞泉の解説

せき‐がん【隻眼】

一つの目。片目。
ものを見抜く眼識。すぐれた識見。また、独自の見識。一隻眼。
「我が―の爛々(らんらん)たる方万里を照らして」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきがん【隻眼】

片方の目。かため。 ⇔ 双眼
すぐれた見識。独特の見識。 「一-を有する」 「蘭軒は医である。…-を具してゐる/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐がん【隻眼】

〘名〙
① 一つの目。独眼一隻眼
※随得集(1388頃)春雨閑情「乾坤万里百花雨、都落沙門隻眼中
② ものを見抜く力のある一眼識。また、一種独特の見識。一眼。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉矮人巨人「我が隻眼(セキガン)の爛々たる方万里を照らして善く仰ぎ見る者なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隻眼の関連情報