隻眼(読み)せきがん

精選版 日本国語大辞典「隻眼」の解説

せき‐がん【隻眼】

〘名〙
① 一つの目。独眼一隻眼
※随得集(1388頃)春雨閑情「乾坤万里百花雨、都落沙門眼中
② ものを見抜く力のある一眼識。また、一種独特の見識。一隻眼。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉矮人巨人「我が隻眼(セキガン)の爛々たる方万里を照らして善く仰ぎ見る者なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「隻眼」の解説

せき‐がん【隻眼】

一つの目。片目。
ものを見抜く眼識。すぐれた識見。また、独自の見識。一隻眼。
「我が―の爛々らんらんたる方万里を照らして」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「隻眼」の解説

【隻眼】せきがん

片目。また、ひとかどの見識。黄庭堅〔文湖州の竹上(くよく)(ははっちょう)に題す〕湖州の竹上、曲折して思ひり。能く之れをはば、渠(かれ)の一隻眼をするを許さん。

字通「隻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android