単身(読み)たんしん

精選版 日本国語大辞典「単身」の解説

たん‐しん【単身】

〘名〙 ただひとり。ひとり。単独。
※令義解(718)賦役「其分番上役者。家有兼丁者要月、家貧単身者閑月」
※近江聖人(1892)〈村井弦斎〉大妙薬「十二歳の少年、未だ単身(タンシン)にて一里の道を行きし事さへあらざれば」 〔後漢書‐循吏・孟嘗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「単身」の解説

たん‐しん【単身】

一人だけであること。ただ一人。単独。「単身上京する」
家族のいないこと。特に、結婚していないこと。また、その人。ひとりみ。独身。「単身者用住宅」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android