コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトキュラソー ホワイトキュラソー white curacao

2件 の用語解説(ホワイトキュラソーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホワイト‐キュラソー(white curacao)

無色透明のキュラソーカクテルに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ホワイトキュラソー【white curaçao】


樽熟成をしない、無色透明なキュラソー。樽熟成させるオレンジキュラソーよりは、甘みも風味も軽めになる。なかでも比較的甘みを抑えたものをトリプルセックという。また、ホワイトキュラソーを青や赤に着色したものをそれぞれブルーキュラソーレッドキュラソーという。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホワイトキュラソーの言及

【キュラソー】より

…本来はビターオレンジの果皮を水に浸漬(しんし)し,アルコールを加えて,蒸留,再留して造ったもので,この間,秘密の処方により香草などが加えられたが,いまはラムやブランデーを基酒とするものもある。オレンジ色のオレンジキュラソーと無色のホワイトキュラソーが代表的なものであるが,ほかに褐色,青色などのものもあり,いずれもカクテルや洋菓子に多く使われる。キュラソーの名酒とされるコアントローは,19世紀半ばにフランスのコアントローCointreau兄弟によって創製され,トリプルセック(3倍ドライの意)の名で発売されたが,非常な好評でトリプルセックを名のる類似品が続出したため,第2次世界大戦後コアントローと名を改めた。…

※「ホワイトキュラソー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホワイトキュラソーの関連キーワードキュラソーオレンジキュラソーバナキュラーキュラソー島ブルーキュラソーウオッカキュラソー[島]キュラソーアロエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホワイトキュラソーの関連情報