風味(読み)ふうみ

精選版 日本国語大辞典「風味」の解説

ふう‐み【風味】

〘名〙
① 味。飲食物などが舌に与える趣のあるよいあじわい。
※蔭凉軒日録‐寛正七年(1466)二月一日「皆曰、久聞其名。今嘗此味、不絶嘆也。似奈良并天野名酒之風味云々」
※虎寛本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「風味のよい瓜じゃ」 〔劉峻‐送橘啓〕
② 風雅なおもむき。そのものから感じられるおもむき、あじわい。
※太平記(14C後)一二「山居の風味を詠じて」
③ 気風。気質。また、おくゆかしい性格。
※評判記・難波物語(1655)「よきかたぎなり、風味一だんよし」 〔韓愈‐答李使君書〕
④ 物事の扱いぐあい。
※形影夜話(1810)下「殊に自ら諸人を療して、其諸症を手懸(てがけ)ざれば、彼治療の機会、風味・塩梅も覚えず」
⑤ (━する) 味見をすること。
本・鹿の子餠(1772)海鼠腸「御肴に今出すこのわた、料理人お風味(フウミ)をするとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風味」の解説

ふう‐み【風味】

飲食物の香りや味わい。「風味のよい紅茶」
そのものやその人などから受ける好ましい感じ。風情。
「山居の―を詠じて」〈太平記・一二〉
味見をすること。
「料理人お―をするとて」〈咄・鹿の子餅
[類語]こく味わい五味香味持ち味フレーバー美味佳味滋味珍味好味旨みおいしい旨い甘美芳醇ほうじゅんデリシャステイスティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「風味」の解説

【風味】ふうみ

おくゆかしい人柄。趣致。黄庭堅〔子瞻()の(潜)に和するに跋す〕詩 彭澤(陶潜)千年の人 東坡軾)百世の子 出處同じからずと雖も 風味は乃ち相ひ似たり

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android