風味(読み)フウミ

デジタル大辞泉の解説

飲食物の香りや味わい。「風味のよい紅茶」
そのものやその人などから受ける好ましい感じ。風情。
「山居の―を詠じて」〈太平記・一二〉
味見をすること。
「料理人お―をするとて」〈咄・鹿の子餅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 味。飲食物などが舌に与える趣のあるよいあじわい。
※蔭凉軒日録‐寛正七年(1466)二月一日「皆曰、久聞其名。今嘗此味、不絶嘆也。似奈良并天野名酒之風味云々」
※虎寛本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「風味のよい瓜じゃ」 〔劉峻‐送橘啓〕
② 風雅なおもむき。そのものから感じられるおもむき、あじわい。
※太平記(14C後)一二「山居の風味を詠じて」
③ 気風。気質。また、おくゆかしい性格。
※評判記・難波物語(1655)「よきかたぎなり、風味一だんよし」 〔韓愈‐答李使君書〕
④ 物事の扱いぐあい。
※形影夜話(1810)下「殊に自ら諸人を療して、其諸症を手懸(てがけ)ざれば、彼治療の機会、風味・塩梅も覚えず」
⑤ (━する) 味見をすること。
※咄本・鹿の子餠(1772)海鼠腸「御肴に今出すこのわた、料理人お風味(フウミ)をするとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風味の関連情報