コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホームズ[父] Oliver Wendell Holmes

世界大百科事典 第2版の解説

ホームズ[父]【Oliver Wendell Holmes】

1809‐94
アメリカの医学者,詩人,作家。ハーバード大学で医学を学び,パリ留学(1833‐35)から母校の解剖学・生物学教授(1847‐82)にいたる間も文筆活動を続けた。《朝食テーブルの独裁者》(1858)をはじめとするエッセー風の読物や小説《エルシー・ベナー》(1861)などで文名を高めたが,奴隷問題,米墨戦争南北戦争に揺れる社会にあっても社会的関心を見せず,J.R.ローエルにさえ〈徹底した保守主義者〉と批判された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホームズ[父]の言及

【アトランティック・マンスリー】より

…1857年アメリカのボストンでJ.R.ローエル編集で創刊された月刊誌。誌名をつけた定期寄稿者O.W.ホームズのエッセー・シリーズ《朝食のテーブルの独裁者》その他は好評を博した。はじめはニューイングランドを中心とした文芸雑誌の性格が強かったが,南北戦争のころから政治・時事問題を扱い,戦後はオハイオ生れのW.D.ハウエルズが主筆(1871‐81)となり文化的広がりを与えた。…

※「ホームズ[父]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホームズ[父]の関連キーワードカルル13世オールコッククーパームラビヨフロッシュ大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]グスタフ4世