コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイリングアップ土壌 ボイリングアップどじょう boiling-up soil

1件 の用語解説(ボイリングアップ土壌の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ボイリングアップ土壌

構造土(stonering)やポリゴンpolygon)が北極地方の土壌を覆うことの一般的な名称[Zeuner : 1943].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイリングアップ土壌の関連キーワードポリゴンサンド・ポリゴン構造土構造土壌ストーン・ポリゴン土壌ポリゴンポリゴン土壌マッド・ポリゴンポリゴナル構造ニリゴンゴ岩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone