コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリゴン ポリゴン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ポリゴン

3Dグラフィックにおいて、立体的な物体の曲面を表現する際に用いられる多角形のこと。曲面を構成する最小単位で、ほとんどの場合、三角形が用いられる。ポリゴンの数が多くなるほど滑らかな面を再現できるが、演算処理に要する時間が長くなる。そのため、3Dゲームのように高速な描画が求められる場合は、テクスチャーマッピングやシェーディングといった技法を併用して、ポリゴンの数を抑えながらリアルな表現を実現している。また、グラフィックを扱うことを主とするコンピューターシステムやゲーム機では、1秒間に処理できるポリゴンの数を性能の目安に使うことがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポリゴン(polygon)

多角形。三次元のコンピューターグラフィックスにおける立体形状を表現するために使われる多角形を指すことが多い。物体表面を小さい多角形(主に三角形)に分割し、その位置や角度、模様、質感などの見え方を個々に計算して三次元画像を描画する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポリゴン

コンピューターグラフィックス(CG)のモデリング技術に用いられる語。立体の表面を覆う自由曲面多面体モデル化する際,基本となる多角形のこと。三角形や四角形の平面で曲面を近似し,その近似平面を多角形(ポリゴン)頂点の位置ベクトルで定義する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ポリゴン【polygon】

コンピューターグラフィックスで立体形状を描画する際に用いられる多角形。立体の表面を三角形や四角形などに分割し、それぞれの位置・角度・色・質感などを指定して立体形状を表現する。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポリゴン【polygon】

多角形。
コンピューター-グラフィックスなどで、立体物をデータ化するために表面を分解して描くときに用いる多角形。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ポリゴンの関連情報