コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボッターイ Giuseppe Bottai

世界大百科事典 第2版の解説

ボッターイ【Giuseppe Bottai】

1895‐1959
イタリアのファシスト政治家。ローマ進軍に重要な役割を演じたあと,ファシズム政権のもとで《ファシスト批評》誌を刊行(1923),青年層へのファシズム教育および専門知識を身につけた新指導階級の養成の必要を説いた。1926年新設の協同体(コルポラツィオーネ)省政務次官となり,ファシズム体制における労働の組織と規律をうたった労働憲章の作成に加わった。次いで協同体相となり,資本主義とも社会主義とも違う第3の経済体制の創出を唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボッターイの言及

【ファシズム】より

…他方の修正主義の側は,これとは反対に,行動主義の局面を克服して,社会諸分野での専門技術家の養成と組織化が必要なことを強調した。これは,専門家グループに社会の新しい指導を託そうとするテクノクラート・ファシズムの構想でG.ボッターイらがこの考えに近かった。 24年6月,議会でファシズムを批判した統一社会党のG.マッテオッティがファシストに暗殺され,広範な反ファシズム運動が起こった。…

※「ボッターイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボッターイの関連キーワードファシスト党

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android