養成(読み)ようせい

精選版 日本国語大辞典「養成」の解説

よう‐せい ヤウ‥【養成】

〙 やしない育てること。教え導いて成長させること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「は祖宗の遺すところの嘉言善行に由て、甄陶養成(〈注〉カタチヅクラレ)せらるる事なり」 〔漢書‐食貨志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「養成」の解説

【養成】よう(やう)せい

育てあげる。〔呂覧、本生〕始めて之れを生ずるは天なり。ひて之れをは人なり。能く天の生ずるひて、之れに(もと)ること勿(な)き、之れを天子と謂ふ。

字通「養」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android