コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボッホダレクヘルニア Bochdalek hernia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボッホダレクヘルニア
Bochdalek hernia

ボッホダレク孔は横隔膜後外側部に位置し,本来,胎生期に閉鎖するもの。この孔が生後も閉鎖せず,ここから腹腔内臓器が脱出した状態をいう。生後まもなくみられ,左側に多い。肺が圧迫され,呼吸困難,チアノーゼなどの症状が現れる。すみやかに手術を行なって治療する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボッホダレクヘルニアの関連キーワード横隔膜ヘルニア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android