左側(読み)ひだりがわ

精選版 日本国語大辞典「左側」の解説

ひだり‐がわ ‥がは【左側】

〘名〙
の方の。さそく。
※歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)二番目序幕「上の方、九尺の亭屋体、明り障子、好みの額を掛け、その左側(ヒダリガハ)に四つ目垣、連翹の盛り」
② ある団体で、左翼的、急進的な思想の立場をとる側。
※ものの見方について(1950)〈笠信太郎〉イギリス・一つの典型「党内ではずっと左側を歩いてきた人である」

さ‐そく【左側】

〘名〙 左の方の側。ひだりがわ。⇔右側(うそく)
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二四「左側(サソク)の席の前端に並びたる、威儀ある紳士と其老母とは」 〔韓駒‐武寧道中詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「左側」の解説

ひだり‐がわ〔‐がは〕【左側】

左の方の側。さそく。

さ‐そく【左側】

ひだりがわ。「左側通行」⇔右側

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android