左側(読み)ヒダリガワ

デジタル大辞泉 「左側」の意味・読み・例文・類語

ひだり‐がわ〔‐がは〕【左側】

左の方の側。さそく。
[類語]ひだり左手左方レフト左翼左翼手

さ‐そく【左側】

ひだりがわ。「左側通行」⇔右側

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「左側」の意味・読み・例文・類語

ひだり‐がわ‥がは【左側】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 左の方の側。さそく。
    1. [初出の実例]「上の方、九尺の亭屋体、明り障子、好みの額を掛け、その左側(ヒダリガハ)四つ目垣連翹の盛り」(出典:歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)二番目序幕)
  3. ある団体で、左翼的、急進的な思想立場をとる側。
    1. [初出の実例]「党内ではずっと左側を歩いてきた人である」(出典:ものの見方について(1950)〈笠信太郎〉イギリス・一つの典型)

さ‐そく【左側】

  1. 〘 名詞 〙 左の方の側。ひだりがわ。⇔右側(うそく)
    1. [初出の実例]「左側(サソク)の席の前端に並びたる、威儀ある紳士と其老母とは」(出典:義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二四)
    2. [その他の文献]〔韓駒‐武寧道中詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「左側」の読み・字形・画数・意味

【左側】さそく

左がわ。

字通「左」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android