生後(読み)なまうしろめたし

精選版 日本国語大辞典「生後」の解説

なま‐うしろめた・し【生後】

〘形ク〙 (「なま」は接頭語) なんとなく心もとない。どことなく気にかかるさまである。
源氏(1001‐14頃)総角「女ならば、かならず心移りなんと、おのがけしからぬ心ならひに、おぼし寄るも、なまうしろめたかりければ」

せい‐ご【生後】

〘名〙 生まれてから現在までの期間。生まれてのち。多く、一年未満の乳児の、誕生からの月日を数えるのにいう。
※和解(1917)〈志賀直哉〉四「丁度生後廿四日目に赤児は妻と一緒に我孫子に帰って来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生後」の解説

せい‐ご【生後】

生まれて以後。多く乳児の、誕生からの月日を数えるのにいう。「生後三か月」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android