コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボド族 ボドぞく Bodo

2件 の用語解説(ボド族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボド族
ボドぞく
Bodo

バラ族ともいう。インドアッサムバングラデシュに住むチベットビルマ語系諸族の総称。人口約 220万と推定される。クーティヤー族,平原カチャリ族,ラバ族,ガーロ族,メチ族,コチ族,ディマル族,ハイジョン族から成る西部ボド族と,高原カチャリ族,ボジャイ族,ラルン族,ティッペラ族,モラン族から成る東部ボド族に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボド族

インド北東部のモンゴロイド先住民族の一つでヒンドゥー教徒が多数を占める。アッサム州を中心に居住し、人口は2001年の調査で州全体の5%の135万人。州西部のボドランド自治地域では多数派で全体の人口の3~4割とされる。アーリア系のアッサム人や同州で人口の約3割を占めるイスラム教徒住民と土地などをめぐり対立してきた。

(2012-08-22 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボド族の関連キーワードアンバンドリングインターネットバンキングバンバラ族アッサムインド犀婆羅門アッサム地震インドの青鬼フロッシュ スプリングブロッサムフラットスイング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボド族の関連情報