ボロブドゥール遺跡(読み)ボロブドゥールいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボロブドゥールいせき【ボロブドゥール遺跡】

インドネシアのジャワ島中部、ジョクジャカルタ北西のケドゥ盆地にある仏教遺跡群。世界最大級の仏教寺院跡であり、世界遺産に登録されている。この寺院はシャイレーンドラ王朝が8世紀終わりごろから9世紀初めにかけて、小さな丘の周囲に石材を積み重ねて建設されたもので、遺跡の総面積はおよそ1万5000m2。その後、近くのムラビ山の大噴火により火山灰に埋もれてしまい、19世紀に発見された。◇正式名称は「Borobudur Temple」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボロブドゥール遺跡

古都ジョクジャカルタ市の北西約40キロにある世界最大級の石造仏教遺跡。8〜9世紀ごろ中部ジャワで栄えたシャイレンドラ朝の造営とされる。仏教にまつわるレリーフや仏像などが規則的に配置されている。

(2006-06-05 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android