コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンビコール bombykol

1件 の用語解説(ボンビコールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボンビコール【bombykol】

カイコBombyx moriの性フェロモンで,アルコールであることからその学名にちなんで,ボンビコールと名付けられた。1961年に,ドイツのブテナントA.Butenandtらにより,単離され,化学構造も(E,Z)‐10,12‐ヘキサジエノールと解明された。世界で初めて,化学的に確認されたフェロモンである。ボンビコールは雌ガが生産し,腹端にある側胞(誘引腺)から放出する。性フェロモンを触角で受容した雄は,羽を振るわせながら雌に近づき,交尾姿勢をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボンビコールの関連キーワードフェロセンフェロタイプフェロモンカフェロワイヤル性フェロモンフェローシップペドラ・デ・フェロフェロプレートフェロモントラップ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone