コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボンビコール bombykol

世界大百科事典 第2版の解説

ボンビコール【bombykol】

カイコBombyx moriの性フェロモンで,アルコールであることからその学名にちなんで,ボンビコールと名付けられた。1961年に,ドイツのブテナントA.Butenandtらにより,単離され,化学構造も(E,Z)‐10,12‐ヘキサジエノールと解明された。世界で初めて,化学的に確認されたフェロモンである。ボンビコールは雌ガが生産し,腹端にある側胞(誘引腺)から放出する。性フェロモンを触角で受容した雄は,羽を振るわせながら雌に近づき,交尾姿勢をとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ボンビコールの関連キーワードブーテナント誘引剤嗅覚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android