ボンビコール(英語表記)bombykol

世界大百科事典 第2版の解説

カイコBombyx moriの性フェロモンで,アルコールであることからその学名にちなんで,ボンビコールと名付けられた。1961年に,ドイツのブテナントA.Butenandtらにより,単離され,化学構造も(E,Z)‐10,12‐ヘキサジエノールと解明された。世界で初めて,化学的に確認されたフェロモンである。ボンビコールはガが生産し,腹端にある胞(誘引腺)から放出する。性フェロモン触角で受容したは,を振るわせながら雌に近づき,交尾姿勢をとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android