コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージャンシー Beaugency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボージャンシー
Beaugency

フランス中部,ロアレ県オルレアン南西 25kmに位置する町。ロアール川右岸にある。 11~13世紀はボージャンシー家領。以後王領を経てオルレアン公領となった。ロアール川の重要な渡河点で,しばしば軍事上の争奪点となった。 1429年ジャンヌ・ダルクがイングランド軍を破った地として知られる。 15世紀の城館 (現博物館) ,11世紀の聖堂などがある。人口 7102 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボージャンシーの関連キーワードイボ[シャルトル]シャルル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android