コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポイント制(年金の) ぽいんとせい/ねんきんのぽいんとせい

1件 の用語解説(ポイント制(年金の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ポイント制(年金の)

将来受け取れる年金の見込み額を、毎年1回本人に通知するサービスのこと。年金個人情報の通知ともいう。保険料の納付実績をポイントとして点数化し、それに一定の単価を掛けて年金見込み額を算出、これまでにいくら保険料を払い、将来の年金額がいくらになるのかを実感できるようにする。2004年の年金改正で導入され、08年度から始まる。受給直前まで自分の年金給付額が分からない、という不満に応えたもの。年金見込み額は58歳から通知し、55歳から照会に応じていたが、04年改正で照会への回答は50歳に引き下げられた。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポイント制(年金の)の関連キーワード確定拠出型年金受取れる財形年金積立保険定額年金保険低年金一時金付終身年金有限年金年金の受給停止制度年金払い生活保障特約付き終身保険公的年金の支給

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone