コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポジティフ 〈ドイツ〉Positiv

デジタル大辞泉の解説

ポジティフ(〈ドイツ〉Positiv)

主に15~18世紀に用いられた小型のパイプオルガンの一種。ただし、ポルタティフよりは大型で、携帯はできない。原則として、床または卓上に据えて奏する。→ポルタティフ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポジティフの言及

【オルガン】より

…使用目的,設置空間の大小によりさまざまな規模のものがあるが,大別すると,運搬可能なものと建築物の中に固定されたものに分けられる。前者にはひざにのせて片手で演奏するポルタティフPortativ,箱形ポジティフPositiv,リード・ストップのみのレガールRegalがあり,後者には1段鍵盤,数個のストップの小オルガンから,2~5段鍵盤,十数個から100ストップ以上の大オルガンまであり,その多くは両足で奏する足鍵盤(ペダル)を有する。以上を総称してパイプ・オルガンという。…

※「ポジティフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android